富士通クライアントコンピューティング製 PC ユーザー様 専用ページ

このたびはCorel® Digital Studio™ for FUJITSU、DVD MovieWriter® for FUJITSUをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
以下の通り、Corel® Digital Studio™ for FUJITSU、DVD MovieWriter® for FUJITSUの機能の一部である「Corel Direct DiscRecorder」でのAACSキーの更新についてご案内致します。

AACSの更新について

  • Corel Direct DiscRecorderは、本製品をプリインストールしております富士通クライアントコンピューティング製パソコンにおいて、新世代のDVDディスク (*1) の編集・再生を実現しております。
  • これら新世代のDVDディスクで採用されている著作権保護技術AACSは、パソコンの場合、その規定により、約15~18ヵ月でキーを更新する必要がございます(*2)。
  • Corel Direct DiscRecorderにおいても、この規定により約15~18ヵ月が過ぎてしまうと、コンテンツによっては編集・再生ができなくなります。
  • そこで、Corel Direct DiscRecorderは、継続してAACSコンテンツを編集・再生するためのAACSキー更新機能を用意しております。
  • AACSキー更新機能については、以下の説明をご覧ください。

(*1) Corel Direct DiscRecorderは「BD(Blu-ray Disc)」の編集・再生に対応しております
(*2) AACSキーは不定期に更新が必要となる場合があります。


AACSキー更新機能

  • AACSの更新期限の一ヶ月前になると、Corel Direct DiscRecorder起動後に、その旨をお知らせするポップアップメッセージが表示されます。
  • ポップアップメッセージに従って、インターネット経由で新しいAACSキーをダウンロードします。
  • ダウンロード後、新しいAACSキーのインストールが正しく行われれば、継続してAACSで保護されているコンテンツの編集・再生ができるようになります。

無償更新期間について

  • 装置購入から5年間を過ぎた場合、継続してダウンロード頂くことは可能ですが、更新方法の詳細については別途、本サイトにてお知らせ致します。

5年間を過ぎた後の更新方法について

  • 装置購入から5年間を過ぎた場合の更新方法については別途、本サイトにてお知らせ致します。

詳細な更新の手順について

  • 詳細な更新の手順についてはこちらのページをご覧ください。