会社役員

Patrick Nichols – 最高経営責任者

Corel 最高経営責任者 Patrick Nichols は、2009 年に入社しました。前職では WinZip 社長、Corel、Roxio、Pinnacle、ReviverSoft のゼネラル マネージャーを務め、Corel 社が買収したブランドの統合と会社の製品群の戦略事業を率いてきました。Patrick は過去 3 年間で会社の営業利益を約 3 倍に押し上げたマネージメント チームの一員として、Corel の成功に大きく貢献しました。

Corel 入社前は、Trilogy/Versata ファミリー企業でゼネラル マネージャーを務め、新規買収および Versata ファミリー企業のポートフォリオの事業所有権を管理していました。それ以前は、マイクロソフト社で製品マネージャーと技術コンサルタントを務め、Cornell Engineering and Theory Center では米国の国防総省とエネルギー省の研究員を務めました。Patrick は Cornell University で理学士号を取得しています。

Chris DeBiase – 最高財務責任者

Chris DeBiase は Corel の最高財務責任者で、会社の財務、M&A、人事部を導くかけがえのない役員の一人です。

Chris は Brown University で経済学の学位を取得し、2010 年 3 月に Corel に入社する前まで、Ingres Corporation で事業開発本部長として、M&A、事業開発、財務職を任されていました。それ以前は、ニューヨークのウォール街にある Goldman Sachs 社や Citigroup で株式リサーチ担当本部長として勤めていました。

Jussi Arovaara – グローバル セールス担当執行役員

Jussi Arovaara は Corel の上級執行役員の一人として 2011 年から務めています。Corel の初期には北欧地域マネージャーを始め、営業、業務、マーケティング担当上級管理職、事業開発担当役員、EMEA 営業本部長として、さまざまな部門で経験を積んできました。Corel のグローバル セールス担当執行役員として、現在は世界市場への販売戦略の決定、会社のグローバル チャンネルの舵取り、部門をまたぐ OEM 営業に従事しています。また、Corel の世界市場におけるフィールド マーケティングおよび業務を担当しています。

Corel 入社前は、北欧、バルト海地方、ロシア担当の IT 関連部門長として従事していました。20 年以上にわたる技術部門での経験を持つフィンランド出身の Jussi は、フィンランド、カナダ、イギリスでの職務経験を現職に活かしています。Jussi は、F-Secure Corporation の取締役会と監査委員会の一員です。また取締役会の一員でもあり、Corel に在籍以来、EMEA 協会のビジネスソフトウェア アライアンスのメンバーとなっています。まれに Jussi がオフィスに居ないときは、だいたい相棒の GoPro カメラを片手にセーリングかスキーに出かけています。

堺 和夫 コーレル株式会社 会長

堺和夫は2008年9月よりコーレル株式会社 代表取締役社長、2016年2月より会長として日本のセールスとマーケティングを担当しています。

コーレル入社前はマイクロソフト執行役常務としてDigital Entertainment Partner Group担当、日本AMD会長として日本と東南アジアのセールスとマーケティングを統括していました。

1975年に東京電機大学工学部電気工学科にて学位を取得しています。