Corel Anti-Piracy - Play Fair!

概要

正規ソフトウェアの利点

著作権侵害の手段

Corel の著作権侵害との闘い

行動を起こしましょう

Corel の著作権侵害対策 – 公正にプレイしましょう!

チーム スポーツは素晴らしい体験です。しかし、勝敗に関係なく、他のチームメイトから得られるサポートは個人の行動や態度によって異なります。ソフトウェアの場合も同様です。開発者、販売者、あなたのようなユーザーなど、参加者全員の成功や安全は公正なプレイかどうかによります。ソフトウェアの著作権侵害は実に大勢の人に危害を及ぼします。加害者自身も例外ではありません!

ソフトウェア著作権侵害とは

ソフトウェア著作権侵害とは、ソフトウェアを違法にコピー、販売したり、不正にライセンスを取得することです。その手段としては、CorelDRAW®、PaintShop™ Pro、WinDVD®、WinZip® などの製品のシリアル番号、キージェネレータ、クラック ソフトウェア、違法版のダウンロードなどがあります。違法かどうかは別にしても、著作権侵害ソフトウェアによって、お持ちの製品機能が悪影響を受けたり、個人情報が侵されたり、ご自身の評判に傷かつく恐れがあります。

 

一方、正当な認証済みソフトウェアをご購入された場合、テクニカル サポート、製品アップデート、今後のアップグレードをご利用いただけます。弊社製品はすべて品質保証試験を実施しており、安全、安定、マルウェアが含まれていないことが保証されています。

著作権侵害ソフトウェアの犠牲者である可能性がある場合は、nopiracy@corel.com までご連絡ください。

著作権侵害の確認方法

  • 価格チェック – 割引価格が 50% 以上の場合は警戒してください。
  • パッケージの品質 – ほかの代理店が販売しているパッケージやソフトウェア開発会社の Web サイトに表示される内容と異なる場合は、違法製品である可能性が高くなります。
  • エンドユーザー ライセンス契約 – 付属していない場合、そのソフトウェアは認証されていません。
  • Corel へ確認 – 不明な場合は、nopiracy@corel.com まで電子メールでご連絡ください。販売店が認定代理店であるか、ソフトウェアが正規ソフトウェアかどうかお知らせいたします。

ソフトウェア著作権侵害は判別しにくい場合もあります

ソフトリフティングをご存じですか? 聞いたことがないかもしれませんが、無意識のうちに行っている可能性があります。ソフトリフティングとは、ソフトウェア プログラムのシングル ライセンスを購入した際、契約条件に反して複数の PC にインストールすることです。